情報共有をしよう | 外付けhddが認識しないときは迷わず専門業者を頼ろう

外付けhddが認識しないときは迷わず専門業者を頼ろう

女性

情報共有をしよう

HDD

会社では、会社内から会社外部までの大切な情報を日々管理しています。しかし、その情報が外部に流れてしまった場合には大変なことになります。最悪の場合、会社で働く従業員や、会社と取引をしているお客さんからの信頼を失ってしまいます。そうならないためにも、安全なファイル共有ソフトを購入しましょう。ファイル共有ソフトは、多くの人と情報を共有できるので、情報共有をすぐに行いたい場合はとても便利なものになっています。しかし、ハッカーなどの悪さをする人がいるとウイルスをファイル共有ソフトに侵入させてしまいます。そうなってしまうと、大事な情報が流出して、会社が大きな損害を受ける可能性があるので、安全で信頼できるようなセキュリティーを持ったファイル共有ソフトを選びましょう。
会社で、情報共有のためにファイル共有を行いたい場合に、ファイル共有の利用方法についてご紹介します。ファイル共有をする際は、USBなどを待ち歩かずにすむように、LANを利用して会社全体のパソコンと繋がった環境にしましょう。そうすることによって、スムーズにファイル共有を行うことができます。ファイルを共有する前に、パソコンに共有用のフォルダを作り、プロパティから共有を選択します。そして、共有相手の表示があるので、そこを「everyone」にしましょう。共有相手を「everyone」にすることで、LANに繋がっている全パソコンと情報を共有することができます。また、特定の個人と情報を共有したい場合は、共有相手のユーザー名を選択することで情報を共有することができます。