外付けhddが認識しないときは迷わず専門業者を頼ろう

HDD

情報共有をしよう

HDD

会社でファイル共有をスムーズに行うために、共有方法についてご紹介します。また、大切な情報を扱うので、ウイルス対策などのセキュリティーも考えましょう。そうすることによって、安全に情報を共有することができます。

Read More...

サービスを利用しよう

女性

大きな容量のファイル送信を行う時は、送信サービスを利用しましょう。有料の送信サービスは、セキュリティがしっかりしているので、情報漏洩などの心配をせずにファイルを送信できます。

Read More...

Wi-Fiで簡単操作

男性

データ送信を簡単に、スムーズに行うために、持ち運び用のHDDを購入してみましょう。データ量や使用する場面に合わせたHDDがあるのできっと納得できる物を購入することができます。

Read More...

トラブルを改善しよう

男性

会社で使用している外付けhddが認識しない場合には専門の修理業者に依頼しましょう。外付けのhddが原因ではなく、パソコンに異常がある場合もあります。また、会社内の環境がパソコンなどの機器に悪影響をもたらしている場合もあるので気をつけましょう。パソコンは細かいほこりや湿気などに弱いため、定期的な空気の入れ替えや、湿気対策などをとりましょう。外付けのhddが全く認識しなくても、内部の保存しているデータは無事なので、認識しなかったからといってデータが全てなくなったわけではないので安心してください。しかし、外付けhddが認識しなくて、ネットに書かれている対応処置を試みるのはやめてください。処置方法によっては、外付けhdd内部のデータが全て消えてしまう可能性があるので、そうなった場合は、専門の修理会社に依頼をお願いしましょう。専門業者に依頼する前に、社内でも確認できるようにいくつか外付けhddの現状を把握する方法をご紹介します。まず、外付けhddを使用する際に、カチカチといったいつもとは違う音がすると認識できていない場合があります。そのほかにも、焦げ臭いにおいがしたり、起動時に回転音が聞こえない場合は気をつけましょう。認識の現状を把握したからといって、社内だけで修理するのはやはりやめた方がよいです。修理を行うためには、かなりの知識が必要になります。ですので、データの安全のためにも専門の修理業者に依頼して直してもらいましょう。